モコモコに泡立てなくてOK
簡単&スピーディなパパウォッシュ洗顔
酵素を活かした洗顔方法
パパウォッシュは手のひらの上で水と出合った瞬間から、その効果を発揮し始めます。
酵素の特性を十分に引き出すために、いつもより心もち時間をかけて洗顔しましょう。
夜はもちろん、朝の肌も寝ている間に出た皮脂やホコリで意外と汚れています。
パパウォッシュで朝晩ていねいに洗顔することが美肌キープの秘訣です。
1 手と顔を湿らせておく
1 手と顔を湿らせておく
顔全体を湿らせたら、適量(アーモンド粒大程度)を手のひらにとります。
メイクをしているときは2度洗いを。
2度目の使用量は1度目の半分位でOKです。
手が汚れていると泡立ちが悪くなるため、洗顔前に手をきれいに洗いましょう。
2 水を加えて軽く泡立てる
2 水を加えて軽く泡立てる
こぼれ落ちないように手のひらを軽くくぼませ、ぬるま湯を少しずつ指先から滴らせるようにゆっくりと加えます(目安はパウダーと同量程度)。モコモコの泡よりも肌に密着するようななめらかな泡の方が酵素の良さを発揮します。
指先で空気を含ませるようにふわっと泡立てるのがポイントです。
3 Tゾーン→顔全体→目の周りの順で
3 Tゾーン→顔全体→目の周りの順で
皮脂分泌の多いTゾーンから徐々に顔全体に広げていき、
内側から外側へ向かってクルクルと小さならせんを描きながら洗います。
目の周りは指先でやさしくなでるように。
小鼻の周りやあごの先は汚れや角質がたまりやすいため、丁寧に洗いましょう。
4 洗い残しチェック
4 洗い残しチェック
髪の生え際やフェイスラインまで、洗い残しのないようにすみずみまで洗いましょう。
お風呂で洗顔する場合は年齢の出やすい首もと・デコルテまで
一緒に洗うのがおすすめです。
洗顔した後に汚れが十分に落ちていないと感じるときは、 パパウォッシュの量が足りない、
洗う時間が短すぎる、洗い残しなどが原因です。
5 すすぎは手早く
5 すすぎは手早く
パパウォッシュは泡切れが良いのも特長のひとつ。生え際からすすいでいき、
泡がなくなったらOKです。すすぎ過ぎは必要なうるおいまで流されてしまい、
つっぱり感の原因になります。
熱いお湯は皮脂を取り過ぎて肌荒れの原因になるため、
人肌程度(35~37度)のぬるま湯を心がけて。
6 水分を吸い取る気持ちで
6 水分を吸い取る気持ちで
タオルでゴシゴシこするように拭くのは厳禁。肌を傷めます。
顔に軽くあて、タオルに水分を吸いこませるような気持ちで拭き取ります。